白髪は、年を重ねるごとに目立ち始めます。
黒染めをして白髪を隠したり、部分染めなどで白髪を目立たないようにしたりしている方も多いです。
早い方だと30代後半から目立ってきますが、若くても生えてくる場合があります。

■ヘアケアで黒い髪がまた生える
髪の毛は身体の中で角化した細胞が頭皮に現れたものなので、一度白髪になってしまうと黒い髪には戻りません。
しかし、きちんとしたヘアケアをすることでまた黒い髪が生えてくる可能性があります。
白髪は、髪色をつくる色素のメラニンが不足することで発生します。メラニンをつくるメラノサイトという細胞が頭皮から栄養を正常に受け取ると正常に働くことができます。
ところが、血行が悪くなると十分な栄養を摂取しても、メラノサイトまで栄養が届かず、メラニンを作る酵素チロシナーゼが働かなくなります。
その為、血行不良を改善すると、白髪の予防・改善が期待出来ます。

■白髪染めとおしゃれ染めの違い
よく混同されがちですが、白髪染めとおしゃれ染めは異なります。
ヘアカラーは、色落ちしないのが大きな特徴の一つです。
髪にしっかり染まり、長期間その色は保たれます。
おしゃれ染め専用の洗髪剤だと、白髪を綺麗に染めることはできません。
ヘアカラーは、「黒髪用ヘアカラー」とも呼ばれているように、基本的に黒髪の状態時に使用するようにしましょう。

■白髪染めトリートメントとは
通常の白髪染めとは異なる、「白髪染めトリートメント」というものもあります。
トリートメントは、一般的にシャンプーの後にするものですが、白髪染めトリートメントも同様です。
シャンプーの後に白髪染め成分が含入されたトリートメントを使用し、頭皮にその成分を浸透させます。
薬品独特の臭いや、アンモニア臭などは一切しません。
一般的なトリートメントやリンスのような、良い匂いがするものがほとんどです。
白髪染めだけでなく、髪自体も本来のツヤを取り戻すことができるので、多くの方に人気があります。

オススメリンク

髪質に合った方法

白髪染めを使う方は多いと思いますが、髪質によって白髪染めで髪が染めやすい人とそうでない人がいます。
染めやすい髪質とは、細い髪や柔らかい髪などのキューティクルが開いている髪質のことです。…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930